WORDPRESSのイベントスケジュールプラグイン2 All-in-One Event Calendar

All-in-One Event Calendar

プラグインをインストールすると左メニューは日本語表記になっています。

設定の細かいチェックボックスが英語のままです。

特徴

  • 日程表では、終わったイベントは表示されません。
  • カレンダー表示と一覧表示ができる。

 

 

1、日本語化してみます

Timelyへアクセス

Sub-projectsの中で、「2.3」を選択 日本語化は73%という表示になっています。2016/06/10

日本語化してもいまいち翻訳されていません。なので細かい機能がまだ不明です。

 

左下に「Export」があるのでダウンロードする

ファイル名をリネームしてアップロードする

timely-all-in-one-event-calendar-23-ja.po

all-in-one-event-calendar-ja.po

timely-all-in-one-event-calendar-23-ja.mo

all-in-one-event-calendar-ja.po

/wp-content/plugins/all-in-one-event-calendar/languageにアップロード

設定を変更してみます

イベントの閲覧タブ

weekstartson 日曜日→月曜日
※どちらの曜日を始まりの曜日にするかの設定

 

イベントの追加/編集タブ

Input dates in this format は ISO 8601(yyyy-m-d)が良いと思います。

Use 24h time in time pickersは、24時間表示

英訳をメモしておきます

●イベントの閲覧

Word-wrap event stubs in Month view 月ビューでWordラップイベントスタブ

In Agenda-like views, include all events from last day shown アジェンダのような景色では、最後の日からすべてのイベントが示さ含みます

Keep all events expanded in Agenda view アジェンダビューで展開するすべてのイベントを保ちます

Keep all events expanded in Agenda view↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Keep all events expanded in Agenda view

チェックを入れるとイベントが展開された状態で表示されます。

 

Show year in calendar date labels カレンダーの日付ラベルに表示年

 Show year in calendar date labels ↓↓↓↓↓↓↓↓↓how year in calendar date labels チェックを入れると西暦が表示されます。

 

Show location in event titles in calendar views カレンダービューでのイベントのタイトルに場所を表示

Exclude events from search results 検索結果からイベントを除外する
チェックを入れるとWordpressのフリーワード検索でイベントの中から検索されなくなります。

Hide Subscribe/Add to Calendar buttons in calendar and single event views 購読を隠す/カレンダーのカレンダーボタンと単一のイベントビューに追加

チェックを入れるとカレンダー画面の右下に「登録する」ボタンが非表示になる。自分のカレンダーに登録されてしまうと、リピートしてくれなくなる?

Hide Get a Timely Calendar button タイムリーなカレンダーボタンを取得する隠します

Hide Google Maps until clicked チェックを入れるとGoogleマップが、クリックしないと見れない。つまり、Googleマップがデフォルトで表示されない。

Hide Google Maps until clicked↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Hide Google Maps until clicked

Only applies to first visible calendar found on the page. それは視野の外にスクロールしたときに、ウィンドウの上部にフィルタメニュー。唯一のページに最初に表示のカレンダーに適用されます。
チェックを入れるとカレンダーをスクロールすると下記のようにカレンダー上部が追従する
Affix filter menu to top of window when it scrolls out of view Only applies to first visible calendar found on the page.
Strict compatibility content filtering 厳格な互換性コンテンツフィルタリング
Select this option if your theme already displays each post's featured image.
イベントの詳細ページから機能の画像を非表示にします。
チェックを入れるとイベント詳細ページにアイキャッチ画像が表示されなくなります。
Hide featured image from event details page↓↓↓↓↓↓↓↓↓Hide featured image from event details page
If this box is checked events will appear in the calendar time zone with time zone information displayed on the event details page.

カレンダーのタイムゾーンで表示イベント

このボックスがある場合はチェックされたイベントは、イベントの詳細ページに表示されるタイムゾーン情報とカレンダーのタイムゾーンで表示されます。

●イベントの追加編集タブ

Disable無効

Disable address autocomplete function アドレスの自動補完機能
Use the configured region (WordPress locale) to bias the address autocomplete function バイアスアドレスの自動補完機能に設定された領域( WordPressのロケール)を使用します

Show the old Post Your Event button above the calendar to privileged users
特権ユーザーにカレンダーの上の古いポストあなたのイベントボタンを表示します

<meta name="keywords" content="○○○○">を入力する方法

結論から言うと「カスタムフィールド」で設定します。

難しくないです。

イベント入力画面の下部に「カスタムフィールド」があります。

カスタムフィールドでmetaを設定する

メタキーワードに関しては、「カスタムフィールドを追加」欄のプルダウンで、「st_keywords」を選択して新規追加します。

「カスタムフィールド」で設定できるようになるので、値に入力すればよいです。

メタディスクリプションに関しては、私が見た時には、プルダウン内になったので、名前から追加することにしました。つまり、新規追加をクリックすると、名前が入れられるようになります。そこに

「st_description」

を入力してあげて、「カスタムフィールドを追加」ボタンを押します。そうすると、上記の図のようになるので、値を入れれば設定できます。

 

-WordPress